下地島1人旅の記録 2日目 その2

なんとか、自転車をゲット。ママチャリタイプですが、6段変速なので快適です。

さとうきび畑の中、海を目指します。 そして視界が開けるとそこは海!!

ここは、佐和田浜 遠浅の海に奇岩がごろごろしていて、なんとも不思議な風景です。
ちょうど、引き潮だったので、岩がたくさん露出しています。

気温23度。 この旅の目的地まで、あと少しです。


ついたー。 ここが一度来たかった場所。 見てください、この美しいリーフ。
そして、そこに伸びる滑走路の誘導等。 そう私は、この誘導等が見たくて、
はるか1500キロも、旅をしてきました。


ここは、知る人ぞ知る、下地島空港の滑走路 北端です。

 なんで、苦労して空港に? 最初から飛行機で来ればいいじゃん。とお思いでしょう。

こんな南の島に、なんでこんな立派な空港があるかと申しますと、
この空港は、民間空港でありながら定期便はなく、ずっと、パイロットの訓練用空港として、
利用されている、日本で唯一の特別な空港なのです。
 過去、多くの日本人パイロットは、ここで最終の実技試験を受けて、
日本のエアラインパイロットとして飛べるようになれるのです。

 私は、「ストラトス4」というアニメでこの空港の存在をしり、それがきっかけでアメリカに渡り、
飛行機の免許を取得。
 いつの日かこの空港に飛来するのが夢でした。 いや、いまでも現実になるよう努力中

 しかし、リーマンショックをきっかけに、JALがこの空港での訓練を止め、そして残ったANAも
来年度からの訓練予定を保留しているという新聞記事を読んだのが10月初頭。
 ANAが訓練をやめてしまったら、最悪の場合、休港になってしまうと記事には書いてありました。

 チャンスは今しかない。 弾丸スケジュールを立て、無事たどりつく事ができました。
そして、なぜ急ぐ必要があるかというと、今日はB767の訓練日なのです。      つづく