LEDについて考える。

イルミの取り付けが一段落したので、そこでいろいろ情報収集した事を
まとめてみたいとおもいます。

 いやー灯火については、さまざまな情報がネット上に溢れていますね。
それだけ難解なんですよ。 嘘、デマ 誤解 などなど。
いろいろ読んでみましたが、納得のいく解説がなかったので、自分で書いてみます。

 まずは、法律。 これがすべてです。 これを守れば、問題はありません。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr7_000007.html
 しかし、これが難解なため、さまざまな間違えがおこってくるのです。

 灯火に関する規定は、丸丸に該当するものに関する規定が書かれています。
 前照灯 車幅灯 制動灯など まず、自分が取り付けようとしている物が、
 いったい、何なのか?という事を認識する事が大事だと思いました。

 自分がつけようとする物が、車幅灯なのか、前部霧灯(フォグ)なのか。
 それに合致するならば、その項目を読めばいいわけで、
 たとえば、車幅灯なら、

・車幅灯の灯光の色は、白色であること
・自動車の最外側から400mm 以内
・車幅灯は、点滅するものでないこと
・車幅灯の数は、2個又は4個であること などなど。

 前部霧灯なら、
・前部霧灯は、白色又は淡黄色であり、その全てが同一であること などなど。

 これら、さまざまな灯火、
 すれ違い用前照灯(ロービーム)  保安基準 第32条
 走行用前照灯(ハイビーム)   保安基準 第32条
 前部霧灯             保安基準 第33条
 側方照射灯            保安基準 第33条の2
 車幅灯             保安基準 第34条
 番号灯             保安基準 第36条
 尾灯              保安基準 第37条
 後部霧灯            保安基準 第37条の2
 駐車灯             保安基準 第37条の3
 後部反射器           保安基準 第38条
 制動灯             保安基準 第39条
 補助制動灯           保安基準 第39条の2
 後退灯             保安基準 第40条
 方向指示器           保安基準 第41条
 補助方向指示器         保安基準 第41条の2
 非常点滅表示灯         保安基準 第41条の3

 に合致しないもので、その他の灯火等の制限  第42条に該当しなければ、
取り付けても問題なしって事になります。