まさかの電欠 その2 ~TDL往路~

一号線から富士宮店を目指す事になった。

航続表示、37キロ  お店まで15キロ
余裕はだいぶあるはずであった。

 富士市街に入ると、土曜日ということで混雑している。
時間が経過していくわりには、カーナビの残りの距離が減らない。 まだ8キロもあるな

そう思っていた頃、航続表示が、---になった。
届くつもりでいたので、さほど気にせずに、お店まであと3キロの所まで来た。
そして、交差点を右折した瞬間

ピッ! 亀登場。  この時 初めて事態の深刻さを知る。
おもわず、
「うわっ 亀出た!」と叫んでしまった。
しかも、パワーゲージが2つしかない。 いつも亀が出た瞬間は、
パワーゲージは4つある。
 ほぼ、この瞬間に届かない事を悟る。 
 とはいえ、少しでも前に進もうとする。 亀が出て800m
最後の交差点を左折しようとした瞬間、ニュートラルに入った。
時速は、20キロ程度。 その惰性で、交差点にあった中古車買取店の
入り口に車体をつっこむ。

車を降りて、お店の人に事情説明。 快諾頂き、止めさせて頂くことに。

 さて、まずやることはJAFに電話だ。 #8139
JAFを呼ぶのは手慣れている。 国道の交差点角の店なので、
すぐに伝わる。 あとは待ち時間だが、1時間と伝えられた。 現在10時半。。

 それにしても、完全に店の出入り口の一方を塞いでいる。
出入りがさほどあるようにも思えなかったが、明らかに邪魔だ。
とはいえ、その駐車場は全体的に傾斜があり、手で押せるほどではなかった。
 本当に、あと数メートルでも動けば。 そう思った。
 その時、ある事をおもいついた。 
 
この時、リーフSPYでは、11%あった。通常の亀が出るよりも少し早い
また、いままで3時間近く走行している。 通常バッテリーは、少し休めると
電圧は復活する。 しかし、一度CPUが電欠を判定してしまうと、
充電するまでは、復活は見込めない。そこで

 CPUをリセットしたら、復活するんじゃね? という実験

さっそく、ボンネットをあけて、12Vのバッテリーのマイナスを外して、1分ほど待つ。
そして、バッテリをつないで、パワーオン!
 
 すると、(@@; ポポポンポポポポポポン (起動音)! 車マーク出現with亀

ドライブに入った。 ほんの数メートルを、無事に動かす事ができた。 おおー裏技発見

その瞬間、また悪い考えが浮かぶ。
このまま車を走らせて、一番近い日産まで行けないか!という暴挙。

 というのも、QCのある日産までは、2キロの上り坂。
しかし、普通充電のあるお店が下りで600mの所にあるを発見する。

 パワーゲージは2つ。 道のりは下り。 JAFは1時間待ち。
下りなら回生も期待できる。

 1分の望みにかけて、買取店を出発するのであった。 つづく