まさかの電欠 その3 ~TDL往路~

買取店の駐車場から、県道をゆっくり進むリーフ
後ろから車が来ていない事を確認しながら、下り坂を利用して
進んでいく。

100mほど進んで、ニュートラルにして慣性で進んでいると
パワーゲージがMAXになり、車マークが消灯

 万事急須。 もうドライブに入りません。 そのまま慣性走行で、
auショップの駐車場に滑り込む。 今度は惰性だけで駐車スペース止められた。

 はぁ。 やっぱり駄目なのね~ この時SOCは1.5%になっていた(やばいね)

 再びJAFに電話して、場所が少し移動した事を伝える。

 時間は、10時45分 もう悪あがきはやめて、昼食タイム!

 100mの移動ではあったが、目の前にコンビニ 回転寿司 ファミレス カラオケBOXと
時間をつぶすには、十分な場所に。
 お昼はちょっと早いが回転寿司に。
  しかし、お店は11時オープン。 15分ほど待つ事になる。

 お寿司を食べて40分すると、ようやくJAFがやってきた。 
セーフティーローダーだ。 auに承諾を得て、駐車場でドナドナタイム
 その時、黒いリーフさんが、横を通過していった。 ああ 恥ずかしい

優しい隊員さんと、エンジン車に助けられ、2キロ先の富士宮店に到着。
ローダーの傾斜をつかって、惰性でQCにすべりこむ。 
予定より、2時間遅れでQCに到着したのであった。

JAFの隊員さんは、リーフを運ぶのは、お初の事。 静岡はQCが充実しているからなのかな。

 さて、なぜ電欠に至ったかといいますと、ご存じの方はわかるとおもいますが、
1号線から、富士宮店までの上り坂が、思った以上に急だったのが原因です。
高低差は、あとで調べたところ、150mありました
 それを見越しての、37キロからのアタックだったわけですが、
結果的に2キロ不足という事になりました。
 思い返せば、蒲郡でバイパスを直進した事により、余計なアップダウンがあった事
 バッティングを敬遠して、少し手前の入野店でQCした事
 入野店で、銀リーフが来たので、81%で出発した事など、
 1つでも回避していれば、この電欠は無かったなあと思います。

 もともとこの移動。 東京に夕方までにつけばいいや というコンセプトだったので、
タイムロスは、まったく気にかけていません。 ブログネタと、CPUリセット裏技を
ゲットできたので、良い経験値がたまったと思います。

 バッテリーにはメモリーリセットの効果が望めるかな?(笑)