タイマーエアコン まとめ

あほなSのタイマーエアコン へ、たくさんのコメントありがとうございます。

 それだけ、みなさん共通の関心事なんですね。

 さおちゃさんの調査もありまして、全容がわかったので、まとめておきます。

 まず、前提条件として、

 1.普通充電ケーブルが刺さっていない(通電していない)と動作しない。

 2.バッテリー残量が20%以上ないと動作しない。

  リーフのヒーターは、前期型は、4KW 後期型のSと前期型の寒冷地仕様は、5KWの

消費電力が必要です。 
 
 4KWとか5KWというと、ピンとこないかもしれないので、4000Wか5000Wと書けば
わかりやすいだろうか。

 一般的なドライアーが 1200W つまり約3~4個分だ。

 これに対して、普通充電は、200V 15Aなので、3000Wしか供給できていない。

 このため、足りない1000Wから2000Wは、走行用バッテリーから供給しないと、

 ヒーターを十分動作させられない。

  よって、タイマーエアコンを動作させると、普通充電中でもバッテリーが減ってしまう。

 前期型の場合、30分動作させて、約2% 後期型だと4%ちかく消費する模様。

 なお、消費電力は外気温に影響されるので、さほど寒くなければ、

 バッテリーから供給される分減少して、バッテリーの充電量低下は無くなる。

  なお、ヒートポンプ式の後期型 Xでも発生するようなので、

 ヒートポンプでも消費電流は相当のようですね。