レーダーでブレーキが作動するシステムについて考える

車は免許を持ったドライバーが運転するもの。
私はこのシステムを大々的に宣伝しているのが、どうしても受け入れられません。

たしかに、良い点もあるとおもうのですが、今後これを過信して運転する
ドライバー(得てして、もともと迷惑ドライバー)が増えてくると思うと、不安です。

 そこで、こんな風にシステムを構築したらいいのでは?と考えてみました。

 まず、警察がもともと導入しようとしていた構想に、免許証のICチップ導入し
これを応用して、車のエンジンの始動をコントロールする話があったとおもいます。

いまだに、導入が進んでないわけですが、これにより亀岡の無免許運転事故のような問題も
防げたのではないのか?とおもいます。

 そして、それと連動して、レーダーブレーキが作動した情報を免許証に記録します。
そもそも、レーダーブレーキがかかると言うことは、前方不注意なわけで、道路交通法違反ですよ。

 そして、その作動回数に応じて、免許更新の講習内容を変えるとか、
自賠責の保険料を変えるとか、きちんと運転しているドライバーが馬鹿を見ないような
仕組み作りを官民一体でやるべきではないでしょうか?

つまり、法改正で、ドライバーはレーダーブレーキサポートを作動しないように運転しなければならない。とし、
万が一作動させてしまった場合は、事故が起きなかった事に感謝して、その対価を何かしらの方法で支払う。

というのが、このシステムに私が感じている違和感を
払拭してくれるのでは。と考えてみました