電車

ホームライナー3号の売り切れはあるか解説。東京ー名古屋を青春18切符で快適に移動する

青春18切符。 春と夏と冬の期間限定ではありますが、最大限活用すると、ものすごくお得に移動できます。これをビジネスで活用している企業っているんでしょうかね?
東京からでも、水戸往復だけでも、50%もの経費を節約できるんですけどね。

さて、東京-名古屋間は、青春18切符でも十分に移動できますが、定番の快適移動を説明します。

1日に1本だけ、東京-名古屋 最速移動

東京駅から名古屋は、乗り継ぎのタイミングがありますが、6時間から7時間かかります。高速バスよりも、少し遅いです。

しかし、高速バスにとおなじ、最速5時間台で移動できる方法があります。

それを可能にするのが、ホームライナー3号です。乗車料金320円だけで、普通列車で、沼津から浜松までは、2時間10分かかるところ、1時間39分で移動できます。

このホームライナーの使い方について、まとめます。

ホームライナー3号を使うポイント 3つ

1.ホームライナー3号に乗るには、東京駅を16時18分発に出る伊東行きがリミット

これを逃すと、ホームライナーに追いつくことはできません。

渋谷だと16時05分発の湘南新宿ライン小田原行きがリミットになります。
覚えておきましょう。

2.ホームライナーのライナー券は、沼津駅のホームで買うしかない

ホームライナーはライナー券を買う必要があります。ポイントは、全国のみどりの窓口では買う事ができないということ。

買う事が出来るのは、ホームライナーの停車駅のホーム上にあるライナー券券売機か、駅の自動券売機のみ。

そこで、問題になるのが、沼津駅でのライナー券争奪戦だ。18切符で移動する時、このホームライナー3号は鉄板中の鉄板。当然、同じ事を考える人はいるわけで、その人たちが券売機に列をつくります。

東京でライナー券というと、朝の通勤で使われるライナー券は、1ヶ月前の発売日にあっというまに売切れてしまうイメージがありますが、JR東海のライナー券は、当日でも余裕で買う事ができます。

しかし、絶対に売り切れないというわけではありません。とくに休日は、沼津発のホームライナーは、3号の1本しかないので、売り切れの可能性が高くなります。

3.ライナー券逃さない為に出来ることは、3つある

1.ライナー券売り場を把握しておく

ライナー券売り場は、沼津駅のホームに、赤い矢印と緑の矢印の2箇所あります。

1.2番線ホームの中央と静岡よりにあります。この時、東京方面からくる電車は、ホーム水色のあたりにとまり、中央の券売機に人が集中します。

なので、熱海駅では先頭車両のり、静岡側の緑の矢印位置にある券売機に向かうと並ばずに買えます。

2.1本早い列車で沼津駅に着いておく

東京駅、16時18分発の伊東行きが、ホームライナー3号に乗るのがリミットですが、1本早い、15時47分発の熱海行きに乗ると、18時10分に沼津に到着できるので、ホームライナー発車まで、20分くらいあります。

この間に、ライナー券を買っておけばOKです。 15時47分発の熱海行きでも、ホームライナー3号に乗ったほうが、早く名古屋に到着できます。

ただし、この方法でもライナー券を逃す可能性があります。

現に、2018年8月19日 日曜日には、この列車で沼津駅に到着したものの、到着直後はライナー券が発売中でしたが、券売機で10名ほどが購入したら、売り切れになってしまいました。 稀なケースだとはおもいますが、券売機に早く並ぶのは鉄板です。

3.駅の券売機へ走る

ライナー券が発売中でも、券売機に長い列ができたら、要注意!です。このような場合、買えない可能性を考慮して、改札外の自動券売機に向かいます。

18切符ですので、改札外へ出られますので、足に自身のある人は、走りましょう。特に、リミットの伊東行きで沼津に向かうと、ホームライナー発車までに5分しかありませんので、気をつけてください。

券売機は改札を出て、右側です。たどりつくと、画面の左下(記憶が正しければ)にライナー券というボタンがありますので、それを押せば変えます。

では、ライナー券が売り切れてしまった場合は?

運が悪くライナー券が売り切れになってしまったら、どうしたらいいのか?

余裕で買えると思っていたライナー券が、券売機についた時、「本日のライナー券の販売は終了しました」の文字を見て、愕然とすることがありました。しかも1本前の電車で沼津に着いた時の話です。

このような時は、そのままホームライナーに乗ってしまいましょう

ライナー券が無いままホームライナーに乗車すると、車内でライナー券を買う事になります。値段は同じく320円です。しかし、座席指定券が買えるわけではありません。

建前上は席に座ることができません。しかし、空いている席があります。

これは、JR東海のライナー券の特性で、ライナー券は、区間が指定されていません。

つまり、どの駅で購入しても、全ての区間で有効なライナー券が1席だけ発券されます。

よって、途中の駅で購入した人の席は、その駅までは空席になります。

なので、その席にその座席番号の書いてあるライナー券を持った人が来るまでは座っていても大丈夫です。(くれぐれも、寝てしまってトラブルにならないように気をつけてください)

逆に、途中駅で降りてしまう人もいるので、その席は終点まで空席となります。

この特性があるので、沼津から終点の浜松まで、ずっと立ちで移動ということはほとんどありません。 なので、

ライナー券を買えなかった場合でも、迷わずホームライナーに乗り込みましょう。