今期のアニメ

ISLAND振り返り。2018年夏アニメ レビュー

今日のブログデーマはアニメにします(今日は家への戻りが遅くなり、ブログを書く時間があと2時間しかない為ゴメン)

自分は、アニオタなんて呼ばれるほど、なーんも知識ないし、声優もよくわからないし、ただ、見て面白かった。好き、嫌いみたいなポイントでしか、アニメを見ていませんが、気になる方は続きをご覧ください

ただ、どうしても、ココ好き!というポイントと、えー?!っていう部分と、思う所は多々あるので、自分なりの解説と、他の方のレビューを参考にしながら、書きたいと思う。

ISLAND 面白かった? ジャンルは萌えアニメか?SFか?

先日、最終回を迎えた2018年 夏アニメ ISLANDについて振り返りたいと思う。

作画とか、キャラクターについて

昨今、アニメの作画崩壊とかいろいろある中では、ISLANDは、絶対的にここは駄目だっていう耐え切れない部分はありませんでした。

見れるクオリティは担保できたと言っていいとおもいます。

自分は、「月がきれい」も好きなアニメだったので、制作のfeelは受け入れられるクオリティなんでしょうね。

ちなみに自分の見たことのあるアニメの作画崩壊でワーストワンは、「メルヘン・メドヘン」ですね。原作者がかわいそうだというツイートをいくつも見かけました。

キャラは凛音の可愛さは、良かったでしょう。原作のゲームはプレイしていませんが、この可愛さを見たいなら、ゲームをやってみたくなるかも。

最近自分でも気がついたんですが、完全に自分は銀髪好きですね(笑)

OP ED曲について

最近は、声優が歌うのは、エンディング曲が多いとおもうのですが、ISLANDは、OP曲を歌ってますし、作品中でも、歌を歌っています。

厳しく言うと、やっぱり歌手としては無理があるとおもいますね。1話目のオープニングで何コレ。っておもっていたけど、最終回までくると、作品に合ってて良かったなと思いますね。アウトからセーフに持ってこられた感じです。

ED曲も歌詞が作品とリンクさせているのも良かったかと。毎回毎回ストーリーはよくわからなかったけど、あのED曲はポップで、「あ~今日も最後まで見ちゃったな」という感じでした。

ストーリーについて

さあ、ここが一番意見が割れるところじゃないでしょうか。正直な感想は、???です。 ゲームをやっていないので、本当に意味がわからなかったですよ。 いや私の頭が悪いとかじゃなくて、もっと深い意味がゲームにはあったんだろうとしか思えない。たった1クールでやるには無理だったんじゃないかと。ツイッターでも多い意見のよう。でもその真相をちゃんと解説している人は見つけられなかった。

まず、着眼点として、合点がいったのは、過去には戻れないという点。この点は、現実においても説明がつく理論なので、そこを軸(オチ)にもってきたのは、数あるタイムトラベル系の作品では見られないパターンでした。

そこはグッド!

私の好きな映画作品に、「K-PAX 光の旅人」いう洋画があります。この中でK-PAX星人という宇宙人が最後に残す言葉があって、「この宇宙は繰り返している」というセリフがあるんです。ものすごく納得してしまう結末なんですけど、K-PAX星人は文明も滅茶苦茶進んでいて、その事実に気づいているんですね。 現在の宇宙論においても、ビックバンが起こる前の宇宙は?、この先宇宙はどんどん膨張していって、宇宙はどうなるのか?解明するのは不可能かとおもいます。またビックバンが起こって、同じ世界が繰り返される。という発想は、科学者の中でもあるくらいですから、ISLANDでも、ここは過去ではなく、未来ですっていう種あかしは、「おー!」という思いが自分の中にありました。

しかし、その「おー! のあとに、おろ?」という疑問というか、余計になぞが増えるというスッキリできない、もどかしさ。ある意味、一週回って面白いと言ってもいい。

まず、歴史が繰り返される範囲が中途半端すぎる。 石器時代から、ずっと先の未来。 これを落とし込むのはかなり難しい。宇宙全体が繰り返されるという理論は、納得できても、人類のある期間だけリピートされるとしたら、そのトリガーは何なのか。その範囲は人為的なものだろうから、何か意味が裏があるんだろうなとしか、いいようが無いですね。過去に戻ってるという説明より、さらに複雑な設定になってしまっています。 ゲームなら、そのあたりまで言及されているのでしょうか??

本当に未来に行ってるだけ? 何ヶ所か、納得できない点。

この物語の場合、12話からさかのぼって行くほうが、わかりやすいかもしれません。

まず、12話に出ている凛音は、玖音の娘で、10話の最後でやったときに出来た子です。

9話 10話に居る、切那は、8話で、凛音が死んでしまった世界からきた、切那ですよね。ということは、それまでの世界の玖音は、切那と知り合った事のある玖音では無いという事ではないのでしょうか? もし、その玖音も12話に出てきた玖音と同じく、過去から追いかけてきた玖音だとすると、8話で娘の凛音が死んでしまったとき、喪服であんな風に切那をひっぱたけるんでしょうか?それまで、ずっとフードを被って、切那に気がつかれないようにしてたんじゃ? どっちなんだよ。

でも、まあ、繰り返しているんでしょうね。ずっと追いかけっこをしているという設定なら。

だとすると、8話で夏未と玖音が、「未来の人間が過去に介入している」という発言は、視聴者をミスリードする為の物といえますね。

それなのに、12話で、「過去にはもどってません!」突然ネタばらしをするのが、まだ、玖音から次元装置を見せてもらってもいない、夏未という設定。もうわけがわかりません。

1話目で切那が記憶を失っていたのも、11話で逆に記憶があったのも。

というわけで、一般的なタイムパラドックスが発生するタイムトラベルよりさらにややこしい作品になってしまっていますので、逆にとことん考察したい人は見て下さい。

まとめ。

というわけで、それでもこの作品、良かったなと評価するんだったら、完全に「凛音が可愛いいから許す」的な萌えアニメで、形をつけてしまうか。

それとも、もっと隠された真実を見つけるためにゲームに走るか。

後者なら、確実にゲームソフトの売上げ貢献で、メディアの作戦に乗っかっちゃってますね。

結構、ストーリーについては、ゲームやったほうが良いっていうコメントをツイッターなどで見かけますし。。なにかもっと伏線のあるストーリーなのでしょう。

 

一押しポイントは、声優の田村ゆかりさんのボイス一択で。1話目、19分52秒の、「いいよ」のセリフが一番!耳心地がよかった。以上

あとがき。
アニメレビューって難しいですね。特別知識も無いんで、好きな事書いてみたんですけど、文章でアニメを語るのって難しいなって思いました。アニメは沢山見ているほうだから、もっと語れる
深く語れるかとおもったんですけど。きっと、これから毎日ブログをつづけていって、それなりに体勢が整った頃に、このブログを読み返したら、超はずかしいんだろうなってのがもうわかる(笑)

グーグル先生、今日はこんなブログで簡便して(^人^)