サッカー

失敗しないNIKE IDの作り方。マーキュリアル スーパーフライ VI アカデミー MG iDの注文から到着まで

息子がトレセンに合格したので、お祝いをあげる事にした。

まえから、新しいスパイクを欲しがっていたので、せっかくなので、

他の子と見分けがつくように、カスタマイズのできる、IDにした

NIKE IDにした最大のポイント。 プレート選び

今つかっているスパイクは、

「ナイキ マーキュリアル スーパーフライ VI アカデミー HG」

は、ハードコート用のスパイクなのだが、人工芝非対応と書いてある。どういう事が詳しく、ナイキにチャットでといあわせたところ、ハードコート用と人工芝では、スパイクの長さが異なり、HGを人工芝で使うと、すべるという事だった。

実際、人工芝でおこなった試合を観戦しにいったら、かなりの頻度で滑って転んでいた。

いままでは、学校のグラウンドでの試合が多かったので、ハードコート用でよかったが、今後、トレセンで、人工芝での試合が多くなるとの事で、人工芝対応のプレートを選ぶ事にした。

ナイキのサッカースパイクは、量販店や通販なら、定価1万円のものが、5~6千円で買える。 最初はそのあたりを選ぶ予定だった。

しかし、24センチ以下のジュニアサイズで、人工芝対応のシューズは、

「 マーキュリアル スーパーフライ VI アカデミー MG iD」

一択しかない。(2018年8月1日現在)

このシューズを通販で安く探したが、オフィシャルサイトとさほど値段が変わらなかった。 そこで、目についたのが、IDだ。 せっかく高い金額で買うのなら、オリジナルのほうがいい。 サッカースパイクは、グラウンドで自分の子供を捜すのに多いに役立つ。

とにかく別の子と違うシューズを選びたかった。

カスタマイズをしても値段は同じ。 カラーも豊富で迷うID

通常、カラーをカスタムしたりすると、追加料金がかかるのが一般的だが、ナイキのIDシリーズは、値段が同じだ。

まず、通常のラインナップは、

上記、6種類になる。 このカラーであれば、通販サイトで少し安く買える。

でも、価格差がさほどないので、ここはオフィシャルサイトから、IDを注文してみた。

まず、上記6色から、ベースカラーを選ぶ。 息子は青が好きなので、青をチョイス。

そこからは、上記のカラーと被らないように、色を決めていった。

カラーがたくさんあるので、ついつい、パーツ毎に違う色を使いたくなるが、やればやるほど、バランスがわるくなる。

逆に同色を選ぶと、地味になりすぎる。

ポイントは、色が2色しか選べない、履き口を選ぶ事だ。 本当はここも6色の中から選べると良いのだが、なぜか2色しか選べない。

いくつかパターンをつくって保存し、その中から見比べて決めると良い

次の試合に間に合わなければ意味がない。 迷わずに即注文。

ネット上で、いろいろカスタマイズしながら、パターンを試せるのは実に楽しい。しかし、迷っている暇はない。カスタマイズ商品だけあって、アマゾンのように翌日には届かない。

サイトでは、注文から到着まで、4週間とある。

なので、早くカラーを決めて、注文しよう。

実際に9月上旬に注文したときの製造ステップがこちら

まず、注文をかけると注文が入った事を知らせるメールが届く

 

注文から4日後、製造に入った事を知らせるメールが届いた。

 

製造から8日後(注文から12日)まもなく完成のメールが届く。

 

その翌日、発送されたとのメールがとどく。

 

ここからは、UPSのトラッキングとなる。

深セン市を出てから、2日後には、日本の大阪に到着している。その後、なぜか成田に運ばれる、ここで、通関を受けたらしく、2日拘留される。

結局到着したのは、深センを出て1週間後。 注文してから20日で届いたので、かなり早く手にする事ができた。

マーキュリアル スーパーフライ VI アカデミー MG iDが届いた感想

IDを注文したのは、息子には内緒にしていたので、大喜びをした息子をみて大正解だったとおもった。

NIKE IDのロゴの入ったシューズ袋も、クラブで友達から注目を集めそうで、うれしそうだ。

 

シューズをはくのは、息子なのでフィッティングの感想はできないが、IDの仕上がりで、

「あっ失敗した!」と思った点が1つ。 ベースカラーとSWOOSHの縁/ロゴのカラーは同系色にしないほうがいい。

 

ロゴのカラーとアクセントのカラーは、非常にマッチしているので、良いのだが、そこに気をとられすぎてしまった。

写真をみるとわかるとおり、ナイキのSWOOSHが、少し歪になっているのがお分かりだろうか?

SHOOSHの縁は、縁取りではなく、インターレースの線で書かれている。 そのため、綺麗な曲線ではない。 これがベースと同系色でないと、余計に、境い目がわかりづらくなり、せっかくのシルバーのSWOOSHの形を邪魔してしまう。

実際に別のカラーで実物を見たわけではないので、なんともいえないが、同系色じゃないほうがSWOOSHの形が綺麗に出るとおもう。 これは、画面上でははっきりさせられなかった。

到着して、1週間が経つが、台風で練習が中止になったり、まだ、マーキュリアル スーパーフライ VI アカデミー MG iDの出番はない。 早く、人工芝でしっかりグリップした軸足を使ってシュートを決めるところを見てみたい。