日本でセグウェイを体験。気軽にたくさん乗れる場所はどこ?

今回は乗り物シリーズで、セグウェイについてご紹介します。セグウェイを1番始めにテレビで見た時は衝撃的でした。こんなモビリティが、自転車のように生活で使えたならと。セグウェイが発表されてから、もう15年。バックトゥザフューチャーで、未来にタイムスリップした2015年を過ぎても、セグウェイすら公道を走れないという法律にがっかりします。とはいえ、セグウェイは楽しい乗り物なので、その性能を余す事なく体験できる場所に行ってきました。


日本でセグウェイに乗れる場所一覧。 北海道から沖縄まで、いろいろ。

セグウェイは社会実験を除いて公道を走る事ができない為、私有地でしかも、広い敷地がないと、レクレーションとして遊ぶ事ができないため、実施している箇所は限られます。

主な実施場所は、セグウェイジャパンのホームページで探す事ができます。

セグウェイジャパン

場所 都道府県 金額 時間 最大人数
国営武蔵丘陵森林公園 埼玉県 8000 2時間半 6
筑波 茨城県 9000 2時間半 6
昭和記念公園 東京都 9000 2時間半 6
函館 北海道 9000 2時間半 8
三島 静岡 4500 1時間 不明
セントレア 愛知 3500 1時間 8

大体、1時間あたり、3500円が相場です。 2時間半のツアーは、前半1時間が講習で、後半1時間半がツアーとなっています。

セグウェイジャパンのホームページに乗っていない、穴場スポットが愛知県に。

セグウェイジャパンのホームページに掲載がないのですが、愛知県豊橋市でも、セグウェイに乗れる場所があります。 それが、「のんほいパーク」です。

約40ヘクタールの敷地内に、動物園、遊園地、博物館のある複合パークです。

ここは、セグウェイの穴場スポットですので、ご紹介します。

セグウェイで遊べる!のんほいパークでしか味わえない魅力

1回2000円のお得な料金

まず、特筆すべきは料金。1時間のツアーですが、2000円、しかも税込みで乗れるというのは、お得です。 ちょっと、気軽に行ける料金です。

広い敷地を回るという、セグウェイ本来の目的を体感できる

セグウェイは、次世代モビリティとして期待されています。体重移動によって自分が歩くかのように操作できる機動性が特徴です。 では、その機動性を手に入れたら、何をするか? それを体験できるのです。

短に乗り物に乗って、決まったコースを走るだけならば、自転車でいいわけです。

ここ「のんほいパーク」では、セグウェイに乗って、動物園の動物を見てまわるという、明確な目的があります。 きりんが見たいとか、カバを見に行こうとか、通常、動物園に行ったら、自分の足を使って移動するべき目的を、セグウェイが全て受け持ってくれるのです。

動物が見やすい位置に移動したり、その場でターンしたり自由に出来ます。これは、他のツアーとはちょっと違うところです。

 

穴場スポットすぎて、利用客が居ない

これは、オススメしたいポイントでもあり、内緒にしておきたい部分でもあるのですが、平日の利用者は本当に少ないです。つまり、インストラクターとマンツーマンでツアーに出る事が多々あります。

マンツーマンなら、自分がどこに行きたい場所を好きにリクエストできるのです。

ツアー料金は変わらないので、参加者が少ないほうが、楽しめる時間も増えます。 最初の乗車講習に時間を取られてしまうと、園内を回る時間も少なくなってしまいます。

リピーターになると、さらにスペシャルなツアーに無料で参加

そして、リピーターになると、さらなる大大特典があります。

まず、初回はビギナーツアーというコースに参加する必要があります。 ビギナーツアーは、まず基本の乗り方や練習をやります。

参加人数にもよりますが、大体10分 長いと20分くらいかかります。 ある程度全員が操作に慣れたら、ツアーにでます。インストラクターが先導して、40分間、動物園内を回ります。

1度、ビギナーツアーに参加に参加すると、2回目からは、スタンダードツアーになります。

スタンダードツアーの最大の特徴は、速度制限が、10キロから20キロの2倍になります。出せるスピードが2倍になりますので、園内を回れる距離が2倍になるのです。また20キロをいっぱい出すのは気持ちがいいです。 またツアー後半は、インストラクターではなく、自分が先導してセグウェイにのって好きな場所に行けます。

そして、最大のオススメポイントは、5回目は無料で参加できるツアーに参加できるのです。

つまり、ビギナー1回 スタンダード3回 の計4回のツアー(計8000円)で、合計5時間もセグウェイに乗れちゃうのです。

最初の表を思い出してください。 8000円で5時間 すごいコスパです。

さらに、5回目は普段の入園でも行けない、動物園のバックヤードツアーとなります。

のんほいパークは入園料 大人600円 子供100円です。それでも安いし。