コンピュータ(TIPS)

iphone6のSIMフリー化。 SIMゲタを使って、DMMモバイルのSIMを使う

シムフリーが義務化されても、古い機種は対象外

シムフリーにすると、さまざまな格安SIMを使う事ができます。格安SIMは、サービスを提供していますが、いろいろな系統があります。

docomo系

ほぼ、全ての格安SIMは、docomo系になります。

SB系

YmoboleやUQ

au系

mineo

これが、何を意味しているかというと、docomoで販売されたiphoneなら、docomo系の格安SIMが使えます。 Softbankで販売されたiphoneなら、SB系、auなら、au系の格安SIMが使えます。しかし、softbankのiphoneをdocomo系の格安SIMで使おうとしても、使えません。 ここでSIMフリーという必要が出てくるわけですが、このSIMフリーにするのには、キャリアのお店で解除してもらわなければいけないのですが、まず、古い機種 iphone6以前のものはしてもらえません。では、どうすればいいでしょうか?

シムゲタってなに?

そんな、ユーザーに救いの手を差し伸べてくれるのが、SIMゲタです。Amazonで、iphne SIMロック解除で検索すると出てくる商品です。

これを使うと、キャリアでSIMロックの解除できない、古い機種でも、系統の違うSIMを使う事が出来ます。

シムゲタのリスクは?

とはいえ、誰でも手軽このSIMゲタを使えるわけではありません。まず、SIMおよびSIMゲタはICチップの入った精密機器です。大きさも小指の爪先ほどしかありません。これを正しく扱えないと、SIMや最悪、本体にダメージを与えてしまい、使えないといったケースをよく聞きます。

細かい作業に自信がないひとや、精密機器の取扱いに知識がない人は、これを扱うのはリスクがあります。

もう1つのリスクは、製品の信頼性です。 この商品は中国で大量生産されています。そして、1つ1つ日本の品質のように検品されていません。その為、不良品もなかにはあるようです。幸い、自分は不良品にあたったことがないのですが、不良品にあたってしまう事もあります。 その場合は、返品する事で新しいものを買うなどの必要があります。

Iccidって何だ?

商品説明にある、ICCIDってなんでしょうか?

ICCIDとは、ICカード一枚ごとに固有な識別番号。スマートフォンなどのSIMカード/UIMカードの識別番号として利用されている。

とあります。 つまり、このICCIDを本来SIMに入っている番号とは、別の番号で通信する事により、iphoneをアクティベーションさせる事ができます。

しかし、最近では、このICCIDでのアクティベーションも、ブロックされるようになってきました。

その為、このICCIDを常に新しいコードが必要になり、アクティベーションをする前に自力で書き換える機能が出てきました。

この機能のおかげで、SIMロックを解除がかなり確度が高くなりました。

ブロックされても、新しいコードでアクティベーションができる

ある日の朝でした。 SIMゲタを使用して、約1年経過した、iphoneの電池残量が残り10%でした。 充電しなきゃなあと思いながらも、面倒なので起きてからにしようと、音楽を再生したまま、2度寝しました。

目が覚めると、iphoneの画面は真っ暗。 電池切れです。充電ケーブルにiphoneをつなぎます。 しばらくすると電源が入るものの、まさかの画面が。。

無効なSIMです。

 

ガーン こ、これは。。

 

OSをアップデートしたりした覚えはありません。しかし、電源が落ちたのはなんらかの影響があったとおもわれます。

 

しかたないので、ICCIDを書き換えます。

まず、

「SIMが無効です」の表示になりますが、この状態で、ホームボタンを一回押します。

画面下部に「緊急」(電話)の文字が出現しますので、タップします。

電話番号入力画面へ遷移したら、「*5005*7672*0#」と入力する。

黒い画面になるので、画面一番下の「Edit ICCID」をタップする。

で、ここで入力するICCIDの番号ですが、最新のものである必要があります。

http://gpplte.com/

このサイトに記載されている、ICCIDを入力します。

送信して「了解」をタップする。

元の画面(緊急電話画面)に遷移しますので、SIMを一度抜き差しする

再び、iPhoneにアクティベーションが必要の画面が出るので、完了させる。

 

無事、アクティベーションできましたw

このサイトにあるICCIDは、この会社のアダプターのみに対応していると思われます。

結局、どのSIMロック解除アダプタをつかえばいいの?

安いと心配 高いと安心という気持ちはあるかもしれませんが、高くても安くても大差ありません。

高くても上手くいかないし、安くても大丈夫な時も多いです。 なので、高いので複数回失敗するよりも、安いもので失敗したほうが、出費は抑えられると考えたほうが得だとおもいます。ただ、あまりに安いものは、もう使い物にならないものを売っていたりする可能性があるので、最安値だけ追いかけるのは危険です。